バイクや車で配達は楽チン

年始の雰囲気を感じられるシーンと言えば年賀状配達をするスタッフの姿ではないでしょうか。
バイクや車で出発するシーンが毎年テレビ中継をされますので、テレビで出発するシーンを見掛けた事がある方も多い事でしょう。
年始の恒例行事とも言えますので、いよいよ新しい一年が始まった事を実感するものです。
そういった姿を見ると配達をするスタッフが大変そうに見えるものですが、中には楽チンと感じている方も多いと言われています。
年賀状配達の為のアルバイトならまだしも、元から働いていた方からすればいつも通りの通常業務ですし、年始というだけでやる事は特に変わりません。
しかしながら、バイクや車での移動だろうと年賀状配達は楽な事ばかりでは無いのです。
年賀状配達をする際に苦労する部分として、まずは配達件数が多い事です。
一人当たり何百件と配達をして回る事になりますので、普段よりもハードな業務内容になってしまいます。
しかしながら時期によっては配達量が多くなる事もありますので、ハードになるのは年賀状配達のみに限った事ではありません。
では年賀状配達がハードになる理由には他にどんな事があるのかと言いますと、大きな要因として天候や気温が挙げられます。
特に雪が積もってしまった時には苦労する事が多々あると言えます。
車での移動ならまだ楽に感じられると言えますが、バイクの場合は寒さも大変ですし、雪によってなかなか走れなくなってしまう事があります。
その為、余計な体力を消耗する事になりますし、さらには時間も掛かってしまいます。
おまけに安全に走行する必要がありますので、スリップなどにも注意しなければいけません。
その為、体力面で苦労するのはもちろんですが、精神的にも疲労が溜まってしまうと言えます。
天気が悪い時の年賀状配達は非常に苦労してしまいますが、天気が良ければ楽チンと感じられる事もあります。
つまり天候次第で年賀状配達の業務は楽にも辛くもなるという事です。